miqueen

記事一覧(11)

【 MIQueen Vol.15 < The Anniversary for Our Ten Years > を終えて ~ 『 長くもあり短くもあり… 走り続けたこの10年を感慨深く 』 】

MIQueen Vol.15 主催者敬白

思えば10年間、本当に良く続けられたものです。然るにそれは、MIQueenを御贔屓に頂ける御客様あってこそ・・・ そう噛み締めております。今回の拘りは、それはもう申すまでも無く、10年間を振り返ってみて と言う事に特化したものでした。その様な思いで過去にMIQをして実現できた曲を見渡し返してみますと、よくもまぁこれだけ様々なジャンルに、奇想天外に挑んできたな と言うのが素直な感想でした。今回は正に、その10年間の集大成がセットされております。 新旧洋楽に歌謡曲、MIQ女王オリジナル曲にCM曲、懐かしいTVマンガのエンディングにOST、スクリーンミュージック、そして究極はフューゾンに至るまで。本当に、よくもまぁこれだけバリエーション豊かに・・・ との感想が、今思い返しても何より胸に浮かびます。それらに対し、以前と同じ構成やアレンジでの単なるコピーとする事を良しとせず、新たなサプライズの為に再構築し、挑んでていく事もまた、MIQueenの真骨頂でしょう。時にMIQ女王から驚かれる場合も有りましたが、しかし本人もその趣きの妙を、少々のスリルの中で味わい深く楽しんでもくれているので、今後もその真骨頂は揺らぐ事が無いでしょう。それら新たなアレンジ・構成は今回更に、何時も以上のアーティストさんの支援出演を頂く事で、更にその幅を広げる事が出来ました。玄人技が聴く者を魅了して止まない、キーボーディスト・TakA。 そして久し振りの参加を頂けた、御存知、ギタリスト・えでぃ氏に加え、歌姫べてぃ嬢。更に、初出演を実現頂けた、ベーシスト・ミソノッチ氏。それら全てを正しく”総力戦”で投入し、全6人で奏で上げた珠玉のフュージョン・ Invitations は、正にMIQueen始まって以来の圧巻の一言でした。また、過去MIQueenで挑み続けて来た中には、今回セット曲の他にも素晴らしい曲がまだまだ存在致します。今後も折に触れ、それらも”MIQueenらしさ”を活かしたアプローチにて、照明を当てて行きたいと思います。未来に向けて今後新たにセットされ続けるであろう、我々の次なる挑戦~意外性溢れた曲たちと共に。最後に、今回記念公演に当たり、これまで当ライブを支え続けて下さったお客様、店のえでぃ氏・べてぃさま、 支援出演のミソノッチ氏、前中期MIQueenの伴奏者IZMIX氏、後期伴奏者のTakA、広報担当氏、また外部関係者さま、皆様全てに深く感謝申し上げます。今後も、MIQueenを続けて参る、新たな決意と共に・・・MIQueen事務局 ( 主催者 )

ライブちょい出し情報 1

《主催者より》記念すべき十周年に向けたMIQ女王とのカンファレンスも、順調に進んでおります。(結局何時もの?)グダグダ感溢れる中に、大口開けての大笑いがこれでもかと凝縮された酒宴(を終始重ねているだけ?) との説も存在致しますが(笑)。さて御待ちかね、今回のちょい出し情報はと申しますと・・・今回は10年間の歩みを見つめ直す と言うコンセプトの下、これまでやって来た曲々の総集編と致します。しかしその曲の多くは、過去とは大きく違なる新アレンジを纏っての登場となります。その最たる存在としては、またMIQueenコンセプトを代表するテーマ曲、その初代と二代目を一挙にセットし、且つがらりと曲調を替え、その歴代の二曲共を極めてソウルフルなスローバラードに仕上げて御贈り致します。また、今回は久し振りに、TVアニメーションの曲もある程度のレンジで並びます。前次大戦最後の沈没戦艦、それを干上がった海底で改造し飛び立たせた、あの不朽の名作(近年のリメイクが無ければ更に良かったのですが・・・)そこでの象徴的且つ代名詞的なスキャットに加え、その劇場版二作目からも悲しみと苦悩溢れるスキャットをフィーチャーし、心打たれざる者無き珠玉のスキャットメドレーとして御届け致します。どうぞ御期待下さい!

主催者敬白:THE“Queen&Knight”~MIQTAKE~LIVE Vol.8

今回はそのライブタイトルに冠する通り、ずばりバブル経済期の曲に特化する企画を進めてみました。愚かしくも、しかしこの国が輝いていた、あの時代…それが虚像であったとしても、誰しもが明るさや活気を抱き続けていた、あの時代…その百花繚乱振りから、”平成元禄”とも称された時代、本当に良い、今も心に残る名曲が多く創出されました。個人的にも想い出深い曲も多く、それらを集約し、MIQ女王や光吉猛修といったBIGアーティストにて実現する と言う事は感無量で御座いました。(まぁ、それを申せば、今回に限った話で無く、毎回そうなのですが。)今回のトピックス的に個々の曲を眺めれば、先ずMIQ女王をして、満を持しての Madonna、Show-Ya、ドリカム の本邦初実現に最も注力致しました。これも長年温めていた企画が、正に具現化した瞬間でした。Madonna は予想通りMIQ女王にしっとりばっちりフィット、Show-Yaも狙い通りにこれでもかとMIQ女王のパワフルさにフィット、ドリカムではMIQ可愛すぎ。( 勿論、Cha-Cha-Cha や Give me up 等の、とても”バブル期らしい”曲のMIQ女王をしての実現もまた、感無量であったながら。)光吉側では、初となる爆風スランプ、それに前MIQueenで初セットした 1-2-3 の同アーティストカップリングとしての Conga 等が、それに当たります。Duoでも、Barbee boys への本邦初進出は、大変意義の大きいものでした。 (今後も、Barbeeは追い続けていこうかと…)また Always は光吉の提案でありましたが、これがオトナテイストを実に高めてくれました。更に Always のセットをラストとした事で、繚乱に乗り掛かりながらの今回ライブも、それだけには留まらない、ぐっと締まったものになりました。( 結果的に、飽くまで結果的に でしたが、”Hな”曲、更にそれに誘発された”エロ談義MC”が今回何時に無く多かったのも、バブルの雰囲気を高め、”オトナ感”を高めていた感も…。)もう一つ、今回忘れられないのは、MIQ女王も光吉猛修も、様々な即興パーカッションを加えあっていた、あの光景です。決して意図されたもで無く、ゲネプロ中に半ばふざけて始まったものが本番でも取り入れられ、更なる彩りを見事加える事となっておりました。MIQ女王も光吉猛修も”味をしめた”様で、次回以降も積極的に取り入れる事になって行くでしょう。さて、世はバブル期の後、その反動から得てして必要以上に消費マインドを冷え込ませると言った、長きに渡る負の連鎖の結果、”失われた20年”と称される景気低迷期に入ります。そしてそれは、日本人の”自信”や、本来の”活力”を、これも必要以上に削いでいた様に強く感じます。しかし、政府の経済対策等も功を奏し、景気低迷は近年底を打ち、今まさに日本は、”失われた20年”を確実に過去のものにして行っております。かつて程では無いにしろ、日本人には自信や笑顔が戻って来ております。そんな中、いや、そんな中であるからこそ、MIQueen並びにMIQTAKEは、今後も皆様と楽しいひと時を作って行ける存在であり続けたい…そう強く心に抱いております。 皆様の、明日の活力や笑顔の一助に、少しでもなり続けられます様に…MIQueen事務局 ( 主催者 )